ネットワーク・セキュリティのすべての機能を1台に統合

料金・運用方法・時期など、お客様のご要望にあわせて設置ご提案いたします

image-WatchGuard02

WatchGuardの特長

多様な脅威に対応できるUTM(統合脅威管理)アプライアンス
アンチウイルス、IPS(不正侵入検知・防御)、迷惑メール対策、Webフィルタリング、アプリケーション制御、ウェブレピュテーション保護など、多様な脅威に1台で対応することが可能です。

豊富なマネジメント機能で導入、運用、管理の効率化を実現

WatchGuard System Manager(WSM)、WebUI、CLI(Command Line Interface)など、多彩なマネジメント機能が用意されているので、直感的な管理が可能です。また、導入の際には、「トランスペアレント・モード」を利用することで、既存のネットワークに変更を加えずに、「WatchGuard」を導入することが可能です。

image-WatchGuard01

リアルタイムの可視化ツールによりセキュリティ対策の一歩先のインテリジェンスを実装

XTMに標準で提供されるWatchguard Dimension はセキュリティのデータを可視化することで、セキュリティ対策への迅速な判断を可能とし、レポートツールの提供でネットワークセキュリティの問題のすばやい分析と最適なセキュリティポリシーの策定を支援します。

APT(標的型攻撃)への対策

ウイルス対策や不正侵入検知といったシグネチャ型のセキュリティ対策で対応が困難な未知のマルウェアをクラウド上のサンドボックスにより検知・ブロックします。